土木・建築・建設業の正社員・アルバイト求人情報が探せる求人・転職サイト「パワピタ」

閉じる

外装工の仕事内容

外装工

建築物の外壁や屋根などの外装に関わるメンテナンス・工事を行う工員のことです。

見栄えを左右する工法

装飾及び仕上げなど、外装工事は多岐にわたります。 外装工の勤務先は外装工事の業者などで、新築だけではなくリフォームも扱います。外装工事の主流は外壁を仕上げる工事です。これには吹付仕上げ、左官仕上げ、サイディング工事などがあります。

吹付仕上げ

専用のスプレーで塗料を霧状にして外壁に吹き付ける方法で、モルタル壁の塗装によく使われます。使用する仕上げ材によって作業工程も違ってきます。仕上げ材にはタイル、リシン、スタッコなどがあります。
タイル吹付は、下地調整材で模様付けを行い、その上に液体状の仕上げ材を被せて陶磁器質タイルの風合いを出す工法です。 リシン吹付は、セメント、アクリル、顔料、破石配合物を混ぜ合わせた材料を吹き付ける表面仕上げです。細かな石を混ぜ合わせて吹き付けるので、ザラザラとした土壁のような仕上がりになります。
スタッコ吹付は、セメント系、合成樹脂エマルション系などの仕上げ塗材を厚く吹き付け、ローラーなどで凹凸をつける手法です。

左官仕上げ

これもモルタル壁の仕上げですが、吹付ではなく、コテなどを使います。伝統的な職人による手作業なので、デザインの幅も広がります。

サイディング工事

サイディングとは羽目板、下見板のことで、メーカーの工場で板として生産されています。これを現場で張り合わせて外壁に仕上げていきます。サイディングはもともと木製だったのですが、モルタルになり、今は窯業系、金属系、樹脂系などが登場しています。

その他の外装工事

外壁仕上げの他にも外装工にはさまざまな仕事があります。

コンクリート工事

外壁をコンクリート打ちっぱなしにする工事です。塗装しないのでコンクリートの地肌が表に出ていて、これがおしゃれな外観に演出してくれます。ただ、新築時に耐水性を高めるために塗布した撥水剤の効果がなくなってくると、ひび割れや雨染みなどが目立ってきます。そのため、細やかなメンテナンスが必要になります。

カーテンウォール工事

カーテンウォールとは取り外し可能な壁のことで、鉄骨やコンクリートなどの骨組みに間仕切り壁として取り付けます。建物を支えるものではなく軽量なので、建築物への重量負担を減らします。いわば“軽い壁”なので、高層建築にも使いやすいものです。また、はめ込むだけなので作業の効率化も図れます。その反面、地震に弱いなどの欠点もあります。
その施工の技能を認定するカーテンウォール施工技能士という国家資格があります。

防水工事

外壁、屋上の防水工事も重要な外装工事の分野です。塩化ビニール系シートなどを使うシート防水、液体状のウレタン樹脂を数回塗るウレタン防水、防水用ポリエステル樹脂と防水用ガラスマットでつくられた防水層によるFRP防水、液状の溶解アスファルトと、防水性の高いアスファルトシートを積層して防水層をつくアスファルト防水などがあります。
防水施工の技能を認定する防水施工技能士という国家資格があり、ウレタンゴム系塗膜防水工事作業、アクリルゴム系塗膜防水工事作業などの技能検定試験区分ごとに1級、2級があります。

石工事・タイル工事

鉄平石や大理石、タイルなどを使って壁などを仕上げる工事です。ひび割れ補修など、メンテナンスも重要で、タイル工事専門の業者もあります。

木工事

木造建築で板を張り上げて壁をつくる工事です。ちなみに、これに使われる板材を羽目板と言います。

金属工事

鉄、アルミ、ステンレスなどの金属製品を使い、主にオーダーメイド製品の設計・製造・施工を行う工事です。屋根、階段、手摺、パネルなどをつくります。

建具工事

建具とは、出入口、通風口、採光、遮音、防犯などのために設けられる、開閉機能を持つ仕切りのことで、分かりやすく言うと戸や扉、窓などのことです。ふすまなど、建物内部のものも建具工の仕事ですが、扉などの外部建具の取り付けは外装工事の重要な仕事です。近年はスチール、アルミニウム、ステンレスなどを使うことが多く、金属製建具工事という言い方が広まっています。

塗装工事

装飾や保護を目的として塗料などを塗る工事です。見た目のためだけではなく、ヒビ割れ防止や防水、防錆、防蟻の意味もあり、塗り替えも多く行われています。塗料と施工法の種類は多く、建造物の使用環境や塗装の目的によって選びます。
作業は一般的に下地調整、下塗り、中塗り、上塗り、仕上げ塗りの順に行われます。
塗装技能士という技能検定の国家資格があります。検定試験では「木工塗装作業」「建築塗装作業」「金属塗装作業」「噴霧塗装作業」「鋼橋塗装作業」に分かれ、それぞれ1級、2級があります。