土木・建築・建設業の正社員・アルバイト求人情報が探せる求人・転職サイト「パワピタ」

閉じる

重機オペレーターの仕事内容

重機オペレーター

フォークリフトやクレーン車、ブルドーザーなどの大型機械、すなわち重機を操作・運転します。

種類ごとに独自の資格・免許

建設現場、工事現場などで、人力が及ばない力仕事を担う、現場でも特に目立つ存在でもある重機を自在に操る仕事です。多くの工場、工事・建築の現場でさまざまな重機が使われていて、重機オペレーターは、まさに現場に欠かせない職種だと言えます。
重機は用途によってさまざまな種類があり、さらに車両の最大荷重、機体荷重、最大積載量、吊上荷重などを現場によって使い分けることがあります。また、重機はそれぞれの特性を理解して操作しなければならず、運転・操作するために重機ごとの資格や免許が必要です。
主な重機と言えば、フォークリフト、油圧ショベル、クレーン車、ブルドーザー、ロードローラーです。

フォークリフト

車体の前方に2本の腕が付いていて、これを上下させ、また移動することができます。主に荷物が積載されたパレットなどを持ち上げ、目的地まで運搬するために使われます。その「腕」のことを「つめ」、つまり「フォーク」と言います。
工場や港、工事現場などで積み荷の移動業務を行うことができます。運転操作には「フォークリフト運転技能者」という国家資格が必要です。

油圧ショベル

長いアームを使って土砂の掘削や整地の作業を行ったり、建物の解体で破壊する作業を行う時に使われます。走行装置も付いていて、ショベルカーという俗称で知られています。操作には「車両系建設機械」の免許が必要です。

クレーン車

主に高いところへ資材を搬入したり、柱を建てるために使われています。クレーン車にはさまざまな種類があり、それによって必要な免許も異なります。
例えば、荒れた地形などの不整地を走行することのできるのがラフテレーンクレーンです。これを扱う場合、吊り上げ荷重5t以上の移動式クレーンの運転・操作には移動式クレーン運転士の免許が必要で、吊り上げ荷重1トン以上5トン未満のものについては小型移動式クレーン運転技能講習修了が必要です。また、吊り上げ荷重0.5トン以上1トン未満のものについては、小型移動式クレーンの運転の業務にかかわる特別教育修了が必要です。さらに、公道を走行するには大型特殊免許が別途必要になります。
重量も大きいため安定性に優れ、高所への吊り作業に適しているのがオールテレーンクレーンです。車体が大きく8輪車以上のものが主流になっています。すべての車輪を舵取りできるものが多く、車体が大きいにもかかわらず小回りが利きます。吊り上げ荷重5t以上なので、移動式クレーン運転士の免許が必要です。これも公道を走行する際には大型免許が必要です。

ブルドーザー

前面に可動式のブレードを装着していて、進行方向に土砂を押し出すことができます。主に作業現場で土砂のかきおこし、盛土、整地といった作業を行うために使われています。
ブレードの形状を変えることで、草木を切り開く、樹木の根を掘り起こすといった作業にも使われています。操作には「車両系建設機械」の免許が必要です。

ロードローラー

重く、接地面積の大きな車輪を持ち、その重量によって地面を押し固める建設機械です。主に道路の建設や改装工事、基礎建設において、土壌、コンクリート、アスファルトなどを締め固めることを目的として使われています。
操作には締固め用機械運転者の資格が必要で、運転には大型特殊免許が必要です。

それぞれの特性を理解して安全に操作

この他にも重機オペレーターの資格・免許には不整地運搬車運転者、高所作業車運転者、玉掛作業者、揚貨装置運転士、巻上げ機運転者、ボーリングマシン運転者、非自走式基礎工事用建設機械運転者、ゴンドラ操作者、建設用リフト運転士、ジャッキ式つり上げ機械運転者、軌道装置動力車運転者、研削といし取替試運転作業者などがあります。

重機の種類は数も多く、用途もさまざまですが、いずれもそれぞれの特性を理解して正しく安全に操作しなければいけません。重く、パワフルなだけに、事故が起きた時の危険も大きいのです。そのために操作には資格・免許が必要となります。

数多くの資格や免許が存在するので、希望する仕事に合わせて取得すれば、さまざまな現場で重宝されるようにもなります。それだけ、非常に専門性の高い仕事です。